飲食店開業 札幌

札幌で飲食店を開く人のためのサイト

TEL:080-6070-8952

〒064-0809 札幌市中央区南9条西13丁目1-20-802

理 念

 トップページ > 飲食店開業あれこれ > 理念

区切り線

■理念
なんていうと難しそうですけど、わかりやすく言えば、どうしたらお客様に満足して
いただけるかを言葉に表したものだと私は考えています。

といっても、『お客様第一主義』なんて書いて、額に入れて飾っておいてもだめです
よね。じゃどうするか。

手掛かりを与えて本人に考えさせるんです。

■中間バッシングという作業があります
食事中のお客様のテーブルをまわって、済んだお皿を下げてくることですね。
中間バッシングができていれば最終バッシングも楽。次のお客様をスムーズにお迎え
できます。

でもこれって往々にして機械的な行動になってませんか?

料理を出したら頃合いを見計らって中間バッシングに行って、マニュアルどおりデザ
ートのお勧めをして、下げられるお皿がなかったら手ぶらで帰ってきてしまう。
ひどいのになると、フロアにいたら損だとでも思っているのか脇目もふらずに一直線
に帰ってくるのがいる。

こういう人たちはまだ理念がわかっていないわけですね。

■彼らにはまず
どうしたらお客様に満足していただけるか、を実現するために中間バッシングに行く
んだよ、お皿を下げるばかりが中間バッシングじゃないんだよ、と教えねばなりませ
ん。

ここで教育上のコツですが、基礎を教えて手掛かりを与えたら、あとは本人に考えさ
せる、というのは実はたいへん有効な手段です。

私はこういう人には、
「中間サービスって何だろうね。
 何をすればお客様は気持ちよく食事ができるだろう?」
と質問して考えさせる、ということをよくやっていました。

与えられた課題に自分なりの答えを出して、それが認められたらきっとその人は動け
るようになります。

自分で考えたことだもの、これこそ理念を体得したことに他なりません。


                      植田行政書士事務所トップページへ

                            飲食店開業あれこれへ

バナースペース

植田行政書士事務所

〒064-0809
札幌市中央区南9条
西13丁目1-20-802

TEL
080-6070-8952