飲食店開業 札幌

札幌で飲食店を開く人のためのサイト

TEL:080-6070-8952

〒064-0809 札幌市中央区南9条西13丁目1-20-802

山口社長

 トップページ > 飲食店開業あれこれ > 山口社長

区切り線

■新聞でこんな記事を見ました
≪客の評価よければごほうび≫
ステーキハウスのフォルクスは今月、客のアンケートで接客態度などが優れていると
評価された従業員に、注文を取ったメニューの売上高の1%分を特別手当として支給
する制度を導入した。

■さすが山口社長
やるなぁ、とつぶやいてしまいました。

かつて私はダイエー系列のファミリーレストランに勤めていましたが、そのころ会社
はジリ貧なのに新たな手を打てずにいました。

そこへダイエー本社から社長としてやってきたのが山口さんでした。今思えば、会社
に革命をおこした人という印象です。すっかり会社を作り変えてしまったのです。

まずファミリーレストランならどこにでもある日替わりランチをやめました。月に一
度しか使わない食材を保管しておくなど無駄だ、と。社内の大反対を押し切っての決
断でした。

確かに食材の種類が少なければ回転率が上がり、常に新鮮なものをお客様に提供でき
ますし、棚卸しも楽です。今までにない発想でした。

代りにワンコインメニューという500円のランチを始めました。当時としては驚く
べき安さです。しかもこれは通常メニューと同じ食材を使いますから無駄は出ません。

他にも子供が喜びそうな企画を打ち出したり、割引券の配布を始めたり、社内に向け
ては週に一度『支配人メッセージ』と題して各店に手紙を配って会社の現状を伝え、
さまざまな社員教育をし…

まさに上からの改革でした。会社がどんどん変わっていく手応えがあり、毎週の『支
配人メッセージ』が楽しみになりました。私に、
「ランチタイムにどんなに忙しくなっても、店長たる君は動くな。店の中央に立って
 全体を見回しておれ」
と指揮官の大切さを教え、仕事の概念を変えてくれたのも山口さんです。

私は今、「マーケティングが云々…」と大きな顔をしてほざいていますが、自分が勉
強して知ってみると、彼のやったことはすべてマーケティング戦略に見事に合致して
いるのを発見して再び驚いています。

残念なことに山口さんは2年ほどでまた本社に帰ってしまい、すると多くのことが再
び以前に戻され、売り上げは落ち、ついにこの会社はダイエーから見放されてしまい
ました。

私は彼がフォルクスの社長になったのは知っていましたから、この記事を見たときい
かにも山口さんらしいな、と感慨を新たにした次第です。

私の人生の中で尊敬できる数少ない人のうちの一人です。


                      植田行政書士事務所トップページへ

                            飲食店開業あれこれへ

バナースペース

植田行政書士事務所

〒064-0809
札幌市中央区南9条
西13丁目1-20-802

TEL
080-6070-8952