飲食店開業 札幌

札幌で飲食店を開く人のためのサイト

TEL:080-6070-8952

〒064-0809 札幌市中央区南9条西13丁目1-20-802

小さく始める

 トップページ > 飲食店開業あれこれ > 小さく始める

区切り線

■商売を始めたはいいが、資金が足りないんですよ
そんな相談を持ちかけてくる人がいます。
私はこう答えることにしています。
「考えようによっちゃ、それいいことですよ」

資金が足りないのがいいことだって?と怒りだす前に、まあお聞きくだされ。

むろん人生お金はたくさんあるに越したことはない、そりゃ確かです。この世の問題の
9割はお金で解決できますから。

でも、ことが資金と呼ばれるお金だったら、ちょっと事情が違ってきます。

■事業を始めたときに
資金が潤沢にあったらどうでしょう? あなたは商売を始めたばかりですから、まださ
ほどのノウハウはお持ちではないはずです。ここになまじお金があると、つい頼ってし
まいませんか?

改装? 工務店にやってもらえ。○千万もありゃいいだろう。
メニュー? 飲食コンサルタントに考えさせろ。
広告? チンドン屋に頼めよ(これはないか)

外部にすべてを委託していれば、一見楽です。プロのやることですから大きな間違いも
ないでしょう。しかしその代わり、あなた自身には何も残りません。

■ひるがえって
資金が乏しかったらどうですか?
あなたは必死で考えるんじゃないでしょうか?
集客はどうする? まずここにこんな店があることを知ってもらわなきゃ。
ダイレクトメール出すか? 1通82円だから1万通で82万円。そりゃ痛いな。割引
券を入れるのは当然としても、反応は1パーセントないっていうしなぁ…。
FAXダイレクトメールてのがあるって聞いたぞ。これなら1通10円だ。
ブログ書くか。タダですよ、タダ。

仕入れはどうする? まずは問屋をあちこち当たってみよう。産地から直接買いつける
という手もあるな…

とまあ、こんなふうにあなたは考えます、一所懸命。これがあなたにとって血となり肉
となるんです。

■最初は貧乏でいいんです
お金があるとどうしてもお金で解決してしまいます。お金がなければ知恵で解決するし
かないでしょう?

■もう一つ、別の例を
従業員に辞められたら人手不足で困る、という状況で
金あり ⇒ また雇えばいいさ ⇒ でもこれは単なる対症療法
金なし ⇒ 辞めないようにするにはどうするか考える ⇒ 社内環境の整備など抜本
的な対策につながる

あなたならどちらを取りますか?


                         植田行政書士事務所トップページへ

                               飲食店開業あれこれへ

バナースペース

植田行政書士事務所

〒064-0809
札幌市中央区南9条
西13丁目1-20-802

TEL
080-6070-8952