飲食店開業 札幌

札幌で飲食店を開く人のためのサイト

TEL:080-6070-8952

〒064-0809 札幌市中央区南9条西13丁目1-20-802

マフィンの専門店開業について

 トップページ > 飲食店開業あれこれ > マフィンの専門店の開業について

区切り線

≪質問≫
26歳の主婦です。私にはマフィンやスコーンの専門店をやりたい、という夢がありま
す。それを実現させるためにはどうすればいいか…。マフィンやスコーンの勉強をしよ
うにも専門書は読めないし、学校も見つけられないし、あったとしても行くことはでき
ないだろうし…。食品衛生責任者さえとれば開業できても、他に資格がないとお客が来
てくれないのではないかと考えても何の資格がいいやら。

今は、パンやお菓子を作って実家の小さな魚屋に置いて売っています。魚屋ですから今
どきそう客は来ません。年寄りばかりです。年寄りはマフィンもスコーンも何かわから
ず買いません。売れるのはアンパンやメロンパン、クッキーぐらいですね。

毎日作りたいんです! いろんなマフィンやスコーンを! うまくできた、おいしい!
の感動がたまりません♪ 食べてくれた人がおいしいって幸せになってくれるのがまた
私の幸せで、またまた作りたくなる。

でも今は資金もない状態で、ほんとに夢なんですけどいつか必ずやってやる!って感じ
なんです。イメージとしては、ケーキ屋さんのようにショーケースでマフィンなどの焼
き菓子を販売し、奥で席を作って飲み物も出せるような店を持ち、またインターネット
での販売もできたらいいなと考えています。教室を開いたりレシピ本を出したり、夢は
ふくらむばかりです。

お店を始めるには食品衛生責任者以外に何か資格がいるのでしょうか? また、お菓子
の教室を開くには資格が必要なのでしょうか?

アドバイスがあればよろしくお願いします!

      

≪回答≫
素晴らしいですね! こんなに熱く自分の夢を語れる人には久しぶりに出会いました。

マフィン、スコーンとはイギリスの伝統的なティータイムのお菓子。
放浪中にイギリスはアイル島で、家の前の花壇が見事だったので写真を撮っていたら、
その家の奥さんが招き入れてくれてお茶とともにご馳走してくれたことがあります。
イギリスの料理はまずいなんていうけど、家庭の中ではなかなかどうして

ええと、話を戻します。

Q1:店を始めるには食品衛生責任者以外に何か資格がいるのか?
A1:保健所から菓子製造業の許可をもらった上で開業するだけなら他に必要な資格
はありません。ただ、お菓子を作ろうというのですから、取るとすれば製菓衛生師が
あれば好都合ですね。食品衛生責任者も自動的にくっついてきますし。ただしこれは、
◎認定校に通う(1年以上)
◎実務経験(2年以上)
のどちらかを経た上で国家試験を受けねばなりません。
子育ての最中では毎日が戦争でしょうから、ちと難しいかな?

Q2:他に資格がないとお客が来てくれないのではないか?
A2:お客さんは資格を見て来るわけではありません。お客さんを呼び込むのは、マー
ケティング(経営術)です。

いくら腕が良くても、それを世間の人が知ってくれなければその名人はいないのと同じ
です。

資格があれば、弁護士です医者でござると看板出して食えたのは昔の話。今や病院です
らホームページを作り、待ち時間をなくすよう努力するなど環境を整えないとつぶれて
しまう時代なのです。つまりあなたは、お菓子作りの腕を磨くのも大事ですが、それと
同じくらいマーケティングを勉強しなければなりません。

チラシはタイトルが命だとか、ホームページ制作業者は掃いて捨てるほどいるけれど、
集客できるホームページの作り方を知っているのはごくわずかだとか、そういうことは
勉強しなければわからないものです。

別の例をあげると、近所の老人しか来ない魚屋にマフィンを置いているというのは、マ
ーケティングの 4Pのうちの Place(売り場)が間違っています。 これ、言われて初め
て、「そういうもの?」と思ったのではありませんか?

Q3:お菓子の教室を開くには資格が必要なのか?
A3:教室を開くだけなら、特に資格はいりません。ただ前述したとおり、製菓衛生師
を持っていれば堂々たる国家資格ですから箔はつくでしょうね。

でもそれより大切にしてもらいたいのは、その情熱を持ち続けること。
「毎日作りたいんです!いろんなマフィンやスコーンを! うまくできた、おいしい!
 の感動がたまりません♪ 」
「食べてくれた人がおいしいって幸せになってくれるのが、また私の幸せでまた作りた
 くなる」

ここまで言える情熱というのは素晴らしいとしか言いようがありません。私も料理が好
きで、それが嵩じて調理師の免許を取ったくらいですから自分の作ったものを人が喜ん
で食べてくれる幸せは実感としてわかります。質問文を読んで「うんうん、わかるわか
る」とうなずいていました。

夢を持ち続けて、それに近づくために行動する。すると問題点が見えてくる。その問題
を克服するためにまた動く。それの積み重ねでいつの間にか大きく前進している。あな
たならやれるでしょう。

あ、再び話を戻します。

繰り返しますが、これだけの情熱と作る喜びと技術をお持ちなのです。あと一つ足りな
いものは経営術(マーケティング)です。

経営者の仕事は営業です。営業とは注文をいただいてくることですね? 漁船でいえば
魚を獲る(お菓子を作る)のは船員(職人)の仕事です。船長(経営者)の仕事はどこ
に行けば魚がいるのか探す(営業する)ことです。

職人技も大切ですが、経営者としての技も磨くようお勧めします。

      

≪お客様の声≫
さっそくのお返事ありがとうございました。読んでいて楽しくてわかりやすくてうれし
かったです。応援していただくとやる気も出て、何でもできるような気がしてきます!
すごく悩んでいたけど相談してよかったです♪

これからもたくさん作って自分の自信作を作り出せるようにがんばります。
あと、すぐには無理ですが、ケーキ屋さんなどで働いて資格をとろうかとも考えていま
す。あわてると失敗するタイプなので、少しずつ夢の実現に向けて努力を惜しまずがん
ばります!

また相談することがあるかもしれません。そのときはよろしくお願いします。ありがと
うございました。


                       植田行政書士事務所トップページへ

                             飲食店開業あれこれへ

バナースペース

植田行政書士事務所

〒064-0809
札幌市中央区南9条
西13丁目1-20-802

TEL
080-6070-8952